なぜ?女性の薄毛の原因

女性の方でも薄毛になる可能性が十分にありますし、現に悩みになっている方も多いようです。
女性がなぜ薄毛になるのかという理由ですが、ホルモンバランスの乱れが挙げられます。女性にとって重要な存在である女性ホルモンには髪の毛の成長を促す働きがありますが、何らかの原因によってホルモンバランスが崩れて髪の毛の成長促進作用が損なわれてしまう事があるのです。特に顕著なのが出産後と更年期です。出産をする事によって女性ホルモンの分泌が抑制されてしまいますし、更年期の場合も閉経した事によって女性ホルモンの分泌量が減少してしまい、一気に薄毛になってしまう事があると言われています。
出産後の場合は時間が経つ事によって回復する事もあるようですが、脱毛のストレスによってさらに薄毛が酷くなってしまうケースもあります。その為、なかなか改善されないようなら病院で専門治療を受ける事が大切と言われています。
ホルモンバランスの乱れが脱毛原因の場合は専門治療を受けるのも有効ですが、女性ホルモンと似たような働きするイソフラボンを摂取するのも良いとされていますので、対策として取り入れてみるのも良いのではないでしょうか。
女性が薄毛になる原因として頭皮の乾燥も挙げられます。頭皮が乾燥してしまう事で血流が悪くなってしまいますので、毛根に十分な栄養が行き届き難くなってしまうのです。栄養が不足する事で毛根が弱くなってしまい、全体的にボリュームが落ちてしまう事もあると言われています。女性の場合は特に乾燥し易い傾向があると言われていますので、乾燥には注意しなければいけません。
乾燥が原因の場合は、頭皮に潤いを持たせる事が大切ですので、潤いを与える作用のある育毛剤を利用したり、脱脂力が弱いアミノ酸系のシャンプーを利用するなどの対策が良いと言えます。その他にも紫外線対策をきちんと行ったり、生活習慣を整えて乾燥させないように注意する事も大切です。
分け目が薄くなっている場合ですと、牽引性脱毛症の可能性もあります。これはポニーテールなどを頻繁に行っている方に現れる症状ですが、髪の毛を長時間引っ張る事によって、負担の掛かっている部分から薄くなってしまう脱毛症の事です。また、小さな頃にポニーテールなどをやっていた事によって、後から症状が出る事もあると言われます。
牽引性脱毛症の場合は負担を掛けない事が大切ですので、強く引っ張るようなヘアースタイルは避けた方が良いかもしれません。

■行きづらいと感じる方は女性医師がおすすめです
女性に必見!薄毛治療できる病院を探そう!

ページトップへ